スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家でんわ優先主義

2016-02-15

こんにちは。

それゆけ! 認知症43 鳴り止まない電話と介護離職
の時にケータイの2台使い分けのオススメをしました。

昔は、小学生・中学生が友達を呼び出すのに家でんわ
は、くぐらなきゃならない関所wでしたのに、
昨今はダイレクトコールですから、親も把握できない
友人関係が展開されるのかと考えております。

私は会社員を辞めてからかなりの歳月が経っているの
で時代遅れな感覚ですが、
有名な人材派遣に登録したての友人に、採用の電話が
私の目の前で友人ケータイにダイレクトにかかって
来た時、今はそういう時代なのね、と思いました。

でも私は、再就職するわけではなく、自分のこだわり
で「あくまでも家でんわに」を貫いております。

[PR]




確かに家でんわには、訳の分からない勧誘やセールス
が入ります。でもそのデメリットよりもメリットの方
が圧倒的に多い。

・出たくない時に家族に守ってもらえる。

・本当の緊急電話を逃さずに済む。

・固定電話を書くことで人から信用される。(これは
 ウチには余り関係ないが)

実は最近、同窓会のお誘いが有ってね。

企画人が名簿を作成しているのだけれど、教えていい
かを尋ねて来た昔の親友に、

私「(親友には)教えてるケータイ番号ではなく、

その人には、家でんわで伝えてください」と言ったの
ですけれど、親友は意味が分からなかったみたい。

ケータイ番号なんて友達でもない人に教えられないや。

いくら鳴り分けコールや、ネーム設定したって、

【母の緊急連絡】と【同窓会のお誘い】が同じケータイ
に入ること自体考えられなくってね。
この神経質さが、自分の身を守るんだよ! 私の場合。

お世話になっている老人ホームにも、

「ウチはあくまでも家でんわ連絡でお願いします」と
毎回、言ってるのだけれどね。
人によってはすぐ、ケータイ鳴らす人もいる。

ケータイのほうが(驚いて)すぐ出てもらえるという
観念があるのではないかな。分からん。。。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
[広告エリア2]

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。